--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/05

歯の治療

6月に、変色した切歯(歯髄炎)の治療をしました。 変色の原因はおそらく打撲によるもの。

治療内容は、抜髄・根管充填

ロッタの歯1


かかりつけの病院では、酷くなったら抜歯しかないと言われ、
歯科専門の病院へ。 ( 通常の動物病院では抜歯処置しかできない )
レントゲンの結果、歯を残せる状態だったので抜髄・根管充填。

ロッタの歯2

施術後は薄紫色に変色した部分が半分くらいに減り、穴を開けた部分も
よーく見ないとわからないほど、キレイに処置していただけました。

抜歯するか、残すか の選択。
歯を残せてあげれて良かったと思っています。
歯の治療と同時に、イボの切除をしてもらった病理検査の結果は良性でした。ホっ。

歯とイボの問題はクリア ^^v
そして~・・・まだまだ問題は続く^^;;

写真2枚目の左(処置前)の犬歯。歯と歯茎の間に毛が挟まっています。
これは、特に手足が痒くて舐める回数が多いので
その時に歯と歯茎の間に毛が挟まってしまうのです。

アレルギーが根底にありますが、今時期だとマラセチアなどの菌によっても
痒みが起こるのでこのカイカイをどうにか抑えていかないと

舐める → 毛が歯と歯茎の間に挟まる → 歯周病の原因になってしまう

と、良くない連鎖が起こってしまうとのことで
歯磨き(毛を取り除く)と同時に、カイカイの治療も続けていかねばなりません。

歯を診てもらった先生に引き続き治療をしてもらうことになったので
月に数回は、ちょっと遠い病院へ通う日がこれからも続きます。

現在、抗菌シャンプーの使用と抗生物質を飲んでいます。


とりあえず、、、ここまで。続きはまた今度。
スポンサーサイト
2013/05/07

歯が薄紫色

4月末、ロッタの切歯1本が薄紫色に変色していることに気がついた

sizui01.jpg

毎日欠かさずチェックをしていれば、もっと早く気がつけたのに・・・
ときどきしかチェックしていなかった自分に反省

犬の歯の図。 ** 図・その他は、こちらのサイトを参照 **

sizui3.jpg

ネットで調べた結果(推測)では歯髄炎かも?? ということまでしかわからず。
原因は硬い物を噛んだことによるものと書いてある。(硬いおもちゃ・アキレス・ひづめ・ナイラボーンなど)

sizui02.jpg

すぐに、かかりつけの獣医さんに診てもらいましたが
「歯髄炎??・・・かもしれない」としか言えないとのこと。

歯のことは、専門の病院・先生でないと詳細がわからないらしい。
かかりつけの病院で出来ることは、「このまま経過観察して酷くなったら抜糸」しかないそうです。
ロッタ地方では近隣の県を合わせても、専門的に診れるのは1病院のみ。

幸い?近くはないがそう遠くない距離なので、即行きました!

続きを読む

2013/03/31

血管肉腫

2月後半に血液検査や色々した結果の中の1つ、
イボの病理検査結果について。 

結果は、血管肉腫(低悪性)でした。  *2つ切除したうちの1つは良性

KN-1.jpg

KN-2.jpg   KN-3.jpg

現在、先生からは「まず大丈夫」と言われています。
でも「腫」「悪性」という言葉は・・・飼い主的にはやっぱり怖い。 なので、
私なりに調べたことを備忘録として、また、誰かの参考になればと端的に書きます。

血管肉腫とは血管にできる悪性腫瘍のひとつ。
犬の血管肉腫には3種類ある。
■真皮(皮膚) の血管肉腫  
■皮下の血管肉腫 
■内臓(脾臓や心臓)の血管肉腫 

・皮膚の血管肉腫以外は特に転移しやすく進行が早く、手術後の生存率は低い。(*ロッタは皮膚の血管肉腫)
・脾臓の血管肉腫がもっとも多い。
・血管が存在する全身の組織、すべての臓器に発生する可能性がある。(骨・眼・神経含む)
・ジャーマン·シェパードが最も発症しやすく
 他の発症しやすい犬種はゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー・・など。

【皮膚の血管肉腫】(*今回ロッタのはコレ)
・最初、良性の血管腫が数年後に悪性に進行することがある。
・内臓の血管肉腫への転移の可能性がある。
----------------------------------------------------------
血管肉腫は血管の流れにのって転移するため、一度できた場合はまた発症しやすい。

皮膚にできたものは皮膚に転移しやすく、内臓にできたものは内臓に転移しやすいそうで
病理検査結果に
「悪性」ではなく「悪性」と書かれていた
「低」の意味はおそらくそういうことなのではないかと思う。
ロッタの今回の腫瘤は完全に切除されているので、今後は経過観察です。

イボの発見から切除する経緯は↓続きに書きましたが
長~くなるので^^;;、お時間ある方はどうぞ。

続きを読む

2012/10/16

アナフィラキシー反応

10月11日(木)~13日(土)、2泊3日で旅行に行ってきた私とロッタ
(・・その記事はまた後日・・)

旅行へ行くほんの数日前、10月8日(月)に突如大変なことがありました。
ロッタにはアレルギーがたくさんあります。
なので、普段与えているフードもアレルゲンが極力含まれていないと思われるフードで
現在与えているフードは今のところ特に問題なし。

   0-108.jpg

(※1枚目の写真は今回の記事とは全く関係ありません)

与えてるフードが1種類のためローテーション出来るフードが他にもう1つは欲しい・・
と思って原料も一応確認して買ってみた新しいフード。
それを8日の夜、初めて与えてみたら・・・

続きを読む

2012/05/25

たかが草されど草

ロッタは草・牧草にたくさんのアレルゲンがあります。
ロッタのお散歩コースはアスファルトが多いのだけど・・・草ってどこにでも生えている^^;

川沿いのコースにはもちろん、大きな道路沿いでも どこにでも。

   kusa1.jpg

草の中でも特に牧草は陽性。(陽性・要注意・陰性の3段階)
牧草=牧場や草原に生えていると思っていた私。
病院の先生曰く 「牧草って言っても、その辺の草だから」・・らしい^^;

草の名前を聞いてもピンと来ないので、アレルゲンの草を調べました。
(こちらのHPを参考に草の名前に写真をリンク)

牧草 陽性   :カモガヤ ハルガヤ ホソムギ
    要注意  :オオアワガエリ ギョウギシバ

雑草 要注意  :ヨモギ アキノキリンソウ  フランスギク タンポポ
    陰性   :オオブタクサ
   
その辺で見かけたことある草ばかりな気がします。
以前にタンポポでこんなこと、コスモス(キク科)であんなこと・・・しない方が良かったんだろうな^^;


でも、草なんてどこにでもある。 ランにもある。
草になんか負けないぞ! 

ってことで、いつものグラウンドへ (先週土曜・夕方)

   kusa3.jpg

   草ボーボーのところで遊ぶのは楽しいよね^^

   kusa4.jpg

   翌朝もグラウンド(日曜・午前)

   kusa5.jpg

   楽しそう

   kusa6.jpg

   草や花粉は服を着たり、体を拭いたり、シャンプーしたり
   対策しながら楽しく遊べばいいもんね^^

続きを読む

Profile

ロッタmama  


Author / ロッタmama  
Labrador Retriever / Lotta


What's New
Current Moon
ロッタちゃんのお店
Category
link * Wanko blog *
Blog Archive
Instagram
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。